株式会社日本一ソフトウェア Official Web Site For Company.

製品情報

トップ  >  ご挨拶

ご挨拶

平素は、格別のご高配を賜りまして、誠にありがとうございます。
この場をお借りして、深くお礼申し上げます。

皆様には日頃から格別のご高配を賜りまして、誠にありがとうございます。
この場をお借りして、心からお礼申し上げます。

昨年度を振り返りますと、『追放選挙』『ハコニワカンパニワークス』『あなたの四騎姫教導譚』の3つの新規IP(知的財産)にチャレンジする一方で、 お客様からの要望が強かった『夜廻』の続編として『深夜廻』を発売いたしました。
日本一ソフトウェアは、これからも新規IPの創出と続編タイトルの育成に注力する所存です。

また、人気作家を起用した二作、PC向けホラーアドベンチャーゲーム『祝姫』をコンシューマ向けにアレンジした『祝姫―祀―』と、 ミステリアスなシナリオとスタイリッシュな演出で人気を集めたアドベンチャーゲーム『シルバー事件』、『シルバー事件25区』をリメイクした『シルバー2425』を発売するなど、 新たな商品展開の道を切り拓くことができた一年でもありました。

さらに、海外の優良インディータイトルを日本で配信する“日本一インディースピリッツ”という取り組みにおいても 『The Sexy Brutale (セクシー・ブルテイル)』『So Many Me』『Nidhogg 2(ニーズヘッグ2)』『アンエピック -オタクの小さな大冒険-』『Yonder 青と大地と雲の物語』など、 安定してタイトルを配信することができました。

そして、2018年2月にはiOS/Android端末向けアプリゲーム『魔界ウォーズ』の配信を開始いたしました。
約13年間の時を経て、ようやく『魔界ウォーズ』を世に出すことができました。(アサギもようやく主人公になれました!)
これもファンの皆様の温かいご支援の賜物だと感謝しております。
本当にありがとうございます。
これからも引き続き運営を強化し、皆様に永く楽しんでいただける『魔界ウォーズ』に育ててまいります。

2018年7月12日、日本一ソフトウェアは設立25周年を迎えます。
昨年から「お客様に直接ありがとうを伝える」をテーマに、全国各地におけるトークイベントやコラボカフェなどを実施しております。
7月にはフィナーレイベントを実施できるよう準備を進めております。
ファンの皆様に楽しんでいただける25周年になりますよう社員一同、引き続き誠心誠意努力してまいりますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

日本一ソフトウェアは、これからもビジョン『Entertainment for All』の実現に向けて、あらゆるエンターテインメント分野で活躍できる強いコンテンツメーカーを目指し、 活動の場を広げてまいります。
今後とも皆様の厳しいご指導と温かいご支援を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。


2018年4月1日
代表取締役社長 新川宗平