株式会社日本一ソフトウェア Official Web Site For Company.

製品情報

トップ  >  採用情報  >  スタッフインタビュー  >  プロデューサー(菅沼 元)

採用トップに戻る

Q1:まず初めに、なぜ日本一ソフトウェアに入社を決めたのですか?

飾り気のない本音:上場しているゲームメーカーならばどこでもよかった。
最初に内定の出た会社が日本一ソフトウェアだった。

余所行きの建前 :ゲームの「商品」として、エンターテイメントを「ビジネス」として向き合う企業としての姿勢が大変気に入ったから。

Q2:現在、どのような仕事をしていますか?

ゲームの開発・販売のプロデュース

Q3:今まで仕事をしてきた中で、一番嬉しかったことは何ですか?

自分の考えたプロモーション(販売企画)がさまざまなメディアで取り上げられ、ユーザーからのレスポンスが多く来たとき。
(具体的には「真 流行り神」のカウントダウン施策)

Q4:好きな自社キャラクターを描いてください!

私が”絵”で採用されていないことだけはわかります。

Q5:今日のスケジュールを教えてください。

  8:40出社、メールチェック
  9:00朝礼・広報チームでのミーティング
  9:30開発会社とのスケジュールと進捗の確認
12:00昼食、同僚・先輩方とゲーム
13:00来年発売を予定しているゲームのプロモーションに関する打ち合わせ
15:00契約書の作成
16:00スカイプによるメディアとの打ち合わせ
17:00ゲーム背景に使う施設の取材・撮影
19:00会議用の資料作成
20:30退社
21:00夕食作り
22:00ゲーム
24:30風呂
25:00就寝

Q6:最後に、現在就活中の学生へ向けてメッセージ(アドバイス)をお願いします。

「ゲーム会社に就職するためには、プログラムが出来なきゃいけないの?絵がかける必要があるの?専門知識がいるの?」
「『大切なのはコミュニケーション能力だ!』とは言うけど、そもそも“コミュニケーション能力”ってなに?」
ゲーム関連の会社に就職を希望し、実際に活動をしてみると、この2つの疑問に多くの人が出会うかと思います。
就活をしている皆さんにとっては、「疑問」というより「不安」に分類されるこの感情を私も当時持っていました。
実際、私もプログラムの「プ」も分からなかったですし、絵はあの程度ですし、大学は経営学部の出身ですので、ゲームに特化した専門知識もありませんでした。
ですが、「誰かに楽しいことを伝えたい」「新しい経験を多くの人に届けたい」「大好きなゲームを自分で作ってみたい」という気持ちはありました。
とはいえ、「その気持ちだけでいい」とはいいません。そんなに甘くはないです(笑)
大切なのはその気持ちを正しく他人に伝え、相手をその気にさせる力だと思います。
その力こそコミュニケーション能力であり、エンターテイメントを生業とする会社で最も重宝される力だと思っています。
偉そうなことを言っていますが、皆様の就職活動の一助になれば幸いです。

▲ページトップに戻る

採用トップに戻る