株式会社日本一ソフトウェア Official Web Site For Company.

製品情報

トップ  >  採用情報  >  スタッフインタビュー  >  プログラマー(吉井 聖)

採用トップに戻る

Q1:まず初めに、なぜ日本一ソフトウェアに入社を決めたのですか?

以前よりゲームに関わる仕事をしたいと考えていました。
いろいろゲーム会社を探している中で地元にこの企業があると知り、
興味をもって調べた後、決めました。

Q2:現在、どのような仕事をしていますか?

女性向け恋愛ADVゲームのメインプログラマーをしています。
ゲームを動かす上での全ての工程の実装、
また、素材管理や契約先との調整の手伝い等もしています。

Q3:今まで仕事をしてきた中で、一番嬉しかったことは何ですか?

お客様からの声でゲームシステム面をほめられたときです。
基本的にゲームの花形であるデザインやシナリオはよくほめられますが、 操作感やプレイする快適度をほめられるとプログラマは喜びます。

Q4:好きな自社キャラクターを描いてください!

デザイナじゃない者が絵を描くということは、非常にはずかしいものです。
本気で描いてます。
このプリニーは黄色くて、気だるげで、可愛いなと思います。

Q5:今日のスケジュールを教えてください。

  8:45出社、メールチェック、スケジュール確認
  9:00プログラムを組む
10:30ディレクタ、デザイナと打ち合わせ
11:00プログラムを組む
12:00昼食、ポ○モンバトル
13:00進捗・情報共有ミーティング
13:30プログラムを組む
15:30ディレクタ、デザイナと打ち合わせ
16:00プログラムを組む
18:00ディレクタ、デザイナと打ち合わせ
18:30退社
19:00ポ○モンバトル or ス○ブラ
19:30同期、先輩たちと夕食
20:30本屋
21:00読書 or ゲーム or DVD鑑賞 or 勉強
24:00風呂
24:30就寝

Q6:最後に、現在就活中の学生へ向けてメッセージ(アドバイス)をお願いします。

この職種は技術が大きく求められるものなので、やはり技術・経験を身につけることが大切です。
自分は学生時代にゲームプログラムを経験したことがなかったので入社後苦労しました。
ただ、仕事をしながら覚えることも多くありますし、仕事でしか経験できないことももちろんあります。ですのでそれに向けた準備が大切だと思います。
また直接的な技術以外にさまざまな感性をインプットしたり、他者との交友を深めることが大切だと思います。
おもしろいゲームを作るうえで自分の中にあるアイデア、見聞を広めたり、いろいろな考え方を持つことが大切だと考えますので、学生のうちにいろいろな経験や知識を蓄えておくといいなと思います。

▲ページトップに戻る

採用トップに戻る