魔界就職相談所 ~ラハール様に聞け!!~

◆ケース⑤【地方を元気にすることで日本を元気にしたいと使命に燃えるプリニーEさんの場合】

ここは魔界。今日も迷えるプリニーが人生の岐路に立っていた。

プリニーE「これからの日本は地方の時代ッス!!地方を元気にすることで日本を元気にするのがオレの使命ッス!!だから……だから、オレは日本一ソフトウェアに就職するッス!!」

ラハール様「………………。」

プリニーE「あ、あれ? 怒らないんスか?」

ラハール様「言いたいことがあるのだろう。先にすべて申してみよ。」

プリニーE「オ、オッス。日本一ソフトウェアは創業以来、20年以上にわたって岐阜県各務原市に本社を構えるゴリゴリの地方企業ッス。地方企業ならではの取り組みにも意欲的でふるさと納税では全国的にも珍しいゲームを特産品として提供しているッス。また地域の子供たちの安全を守るために毎年、各務原市の小学校の新1年生全員にプリニー防犯ブザーを配布しているッス。地元のサッカーチームのFC岐阜のスポンサーでもあり、オレたちプリニーも公式応援隊長として活躍中ッス。最近では岐阜新聞社さんと共同で『宇宙(そら)と大地プロジェクト』を立ち上げ、地元の活性化に取り組んでいるッスよ。だから、オレも日本一ソフトウェアの社員になって、地方から日本を元気にしてみせるッス!!」

ラハール様「愚か者!!!!!!」

プリニーE「ひっ!?やっぱり怒られたッス!!えっ、なんで? なんでッスか?いいことしか言ってないのに……」

ラハール様「お前の場合、地方を元気にする前にまず、この魔界でちゃんと役に立て。」

ここは魔界。今日もまた一匹、迷えるプリニーに新たな人生の道が拓けたという……。