魔界就職相談所 ~ラハール様に聞け!!~

◆ケース②【そろそろ地元の東海地方に帰って、親御さんと一緒に暮らそうと思っているゲーム開発者プリニーBさんの場合】

ここは魔界。今日も迷えるプリニーが人生の岐路に立っていた。

プリニーB「うちの親もいい歳になってきたし、そろそろ実家に帰って、親孝行しないとなー……ッス。でもなー、ゲームの仕事は続けたいけど地元の東海地方にはゲーム会社ってほとんど無さそうだしなー……ッス。」

ラハール様「愚か者!!!!!!

プリニーB「ひっ!?いきなり怒られたッス!!」

ラハール様「お前は何もわかっていない。東海地方にもゲーム会社は、たくさんあるぞ。」

プリニーB「え? そ、そうだったんスか?」

ラハール様「岐阜県、愛知県を中心にコンシューマゲームのメーカーもあればソーシャルアプリゲームのメーカーもある。受託をメインにした開発会社も合わせれば、その数、20社は下らないぞ。しかも、俺様の知る限りではそのうち3社は上場会社だ。」

プリニーB「ま、まじッスか。全然知らなかったッス。」

ラハール様「地方でもゲームの仕事はできる。安心して実家に帰って親孝行するが良い。」

プリニーB「ラ、ラハール様……。ありがとうッス……。東海地方にあるゲーム会社でラハール様のイチオシの会社はどこッスか?オレ、そこに就職するッス!!」

ラハール様「……そこは察しろ。お前も大人なら、わかるよな?」

ここは魔界。今日もまた一匹、迷えるプリニーに新たな人生の道が拓けたという……。